Mat’s quality 1one                  「minicar製作屋」

h a n d m a d e  m o d e l  c a r
0

LOTUS E20 Part2

さてさて、次の製作をと思っているのですが、次はFUJIMI1/20ウィリアムズFW14bのご依頼をいただいているのですが、まだ手元に物がありませんので久しぶりに43でもと思い、いじってます!

お手付き中のLOTUS E20です
Ro6-2.jpg Ro5-2.jpg
リヤウィングの下側の翼と翼端板をハンダ付けしてしまおうと思いやったのですが、何度やってもどうしても苦手なハンダ付け・・・取れました・・・(汗) 時々は上手くいくのですが、大抵失敗します。う~ん、どうしても苦手だ・・・今回ハンダ付けやめます~(泣)

とりあえず仮組みしてみました!
Ro7-2.jpg
リヤウィングは塗装後に組むことにします。

ボディ周りの下地処理
Ro26-2.jpg Ro25-2.jpg
コックピット、ヘッドレスト後ろの部分に穴がありますが、キットだと掘ってあるだけなので貫通させました! 多少見栄えが違うのではないかと・・・違わんかな?

リヤの周り
Ro10-2.jpg 
排気口後ろの部分ですが、リヤのアッパーアームを取り付けるためか、別パーツになっていますが、後付けだと見栄えが悪そうなので、アッパーアームを取り付けるスペースを確保して先に取り付けました。
Ro13-2.jpg
瞬間接着剤で隙間を埋めてスジ彫りを掘っていきます。

リヤの排気口部分
Ro21-2.jpg Ro20-2.jpg Ro28-2.jpg Ro27-2.jpg
ここは排気口の周りを艶消しブラックのデカールで表現するようになっていますが、やはり塗装でいきたいしリベットも打ち込みたいと思うので、デカールに合わせて0.2mmプラ板を切り抜いてスジ彫りのガイドを作ってボディに貼り付け後、スジ彫りを掘っていきます。ここの部分はボディのスジ彫りよりも細く浅くしたいので、0.25mmのタガネで軽く掘ってます。あまり変わらないかな~(汗) まぁ良しとして・・・。リベット用の穴も開けて、なんとかうまくいったかな!? 今回はリベットではなく、0.3mmステンレスパイプを埋め込んでいく予定です。

そうこうしてるうちに、FW14bのキットが届きました!
Wi1-2.jpg
実はFUJIMIのF1キットを作るのは今回が初です! チラっと中を見たらボディの細かいディテールが良いような? エッヂの部分の厚みとか薄くてシャープなような気がします。デカールはTABU DESIGNの物を使います。色が鮮やかで綺麗でいいですね~! さて、FW14b進めて行きます!!

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://0214nm.blog.fc2.com/tb.php/47-ea5a8c8a