Mat’s quality 1one                  「minicar製作屋」

h a n d m a d e  m o d e l  c a r
1

RX-7 Part4

先日、仕上げのクリアーで右フェンダー部分に黒いぶつぶつが多量に付いてしまい、かなり凹んだ部分の修正をしました(汗) 失敗すると凹みますね・・・(泣)FC-23-2.jpg
クリアー乾燥後にペーパーで削って取ろうと思ったのですが、考えが甘くてなかなかうまく消えてくれなくて1ヶ所だけ大きい所が完全には取れずに少し残っていますが、実物はほとんど目立たなくなったのでこれで良しとして仕上げのクリアーを吹きました。ちょっと妥協です・・・(汗)

クリアー乾燥後、窓枠のブラック塗装の為にマスキング。ですが、良く見るとマスキングテープの貼りがかなりアバウトです。マスキングによって塗装の段差ができるのが嫌だぁと思い、塗装後にいらない部分はスジ彫りを境にシンナーで拭き取る方法にしました。拭き取りにかなり神経使いましたがなんとかできました~(汗)FC-20-2.jpg FC-21-2.jpg
ボディ関連のパーツも仕上げのウレタンクリアーが終了! その他のパーツには黒いぶつぶつは付かなくて一安心(笑) ボディパーツの研きも終わったので、窓のクリアパーツの取り付け、ウィンカーレンズ等の小物パーツを取り付けています。フロントのスモールレンズ部分は、グレーで埋めてほしいとの依頼でしたのでグレーで仕上げてます。しかしプラモデルの窓のクリアパーツって分厚くてなんかやぼったいですよね~。何かに置き換えたい気分になりますが、そのまま使いました。ですが取り付けてしまえばそれなりに気にならなくなりました(笑)

今回のこのFC、全くの素組みでぜんぜん色気が無いのでリヤハッチ用のキ―シリンダーをそれらしく作ってみました。
FC-22-2.jpg
2種の太さのステンレスパイプとTopスタジオのエッチングを使った簡単な物ですがそれらしくなったかなぁ~? さて、あと少し。今夜あたり完成しないかな~?? ん、何か忘れてる気が・・・? 

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://0214nm.blog.fc2.com/tb.php/28-030025f3