Mat’s quality 1one                  「minicar製作屋」

h a n d m a d e  m o d e l  c a r
0

Mclaren MP4/6 Part3

今日は世の中の厳しさを思い知った1日でした(>_<) 人生いろいろですね~。まぁ、自分が甘いというのか・・・。でも、そんな事は皆さんたくさんありますよね~・・・。ただ僕は人の喜んでもらう顔を見るのが喜びなので、お客様からのご依頼品は精一杯頑張らせていただきます!! 今回はプロポーション完成品でのご依頼ですので、いかに完成後に美しく見えるかに重点を置いて進めます! 

MP4/6は下地&ボディの合わせで苦戦中・・・
DSC_2517.jpg
このモノコック部分、と言うか、実車のカーボン部分にカーボン調のモールドがあるんですよね~! これどうせモールド付けるならランナーから切り離した部分は見えない所にできないのか? ペーパーかけたらモールド消えるやん・・・。モールド残そうと思いましたが、そんな理由で消します(^^;

DSC_2528.jpg
ボディカウルとノーズの合わせが悪いので調整します! ここ、どうやって調整しようか?

DSC_2538.jpg
色々考えましたが、ノーズの左右のラインが美しくないのでパテで修正しました。

DSC_2543.jpg
接着用の窪みがモノコックにあるんですが、ここは完成後にチラ見しそうなので、ここもパテで埋めます! 逆にノーズの出っ張りは削り取ったら寸足らずだったので、プラバンの厚みを追加しました!

DSC_2547.jpg
ボディカウル側ですが、ノーズとの接合部分がこのキットの構造上こうなってます・・・(-_-;)

DSC_2560.jpg
ここも完成後にチラ見しそうなのでプラバンで修正しました! 瞬着で埋めてるので汚いですが、塗装すれば美しくなるはず(^^

DSC_2553.jpg
フロントのアームを取り付けるのに必要なサスパーツを先付けします。そして必要ないサス部分はカットしました! ノーズは固定してしまうので必要ありません。そして、モノコックにノーズ取り付け用の穴をあけます。

DSC_2554.jpg
ノーズの同位置にも穴を! ここに1mmプラ棒を通して接着。最終的にこのプラ棒で固定しよう作戦です!

DSC_2557.jpg
こんな感じですね~(^^♪

DSC_2563.jpg
前側にも1ケ所接着部分を追加しました!

このボディとノーズがぴったり合わないと見栄えがかなり悪いのでなんとか修正できて一安心です!次はフロアパネルと合わせていきます!

スポンサーサイト
0

Mclaren MP4/6 Part2

毎日寒いですね~・・・今年って例年より寒くないですか? 結構雪降りますし・・・。 暑さには強いですが、寒さには弱いんですよね~・・・ どうしても寒いのは耐えられないです・・・(>_<) 寒さに弱い僕は暖房ガンガンで、MP4/6のボディを進めます!
DSC_2512.jpg
先日プラバンで作ったスジボリ用のガイドを一旦瞬間接着剤で固定して、タガネでガリガリとスジボリを掘ります! メタルと違ってプラは掘りやすいなぁ~! ただ、ガイドを固定した位置が悪くて納得できず、一回やり直しました・・・(^^; やっておいてなんですが、実車は別になっているパーツを敢えて接着してスジボリってどうなんでしょう? 模型の場合は見栄え重視かと思うのでいいんですかね~今更考えてます・・・(^^;

リベット打ち込み穴
DSC_2519.jpg
仕上げにリベットを打ち込む穴を0.5mmで開けておきます!

DSC_2520.jpg
適当なサイズをとりあえず。こんな感じかなー! どのサイズのリベットを打ち込むかは最後に決めよう! ちょっとスジボリが浅いな・・・

DSC_2521.jpg
一通りボディカウルの処理は終わりました。 次はその他のボディパーツを合わせて調整していきます!

0

Mclaren MP4/6 Part1

さてさて、次の製作に入ります! 今回も1/20のF1で、フジミのマクラーレンMP4/6です。 マルボロカラーのマクラーレンの製作をいただく事が多い気がするのですが、皆さんこのカラーリングはやっぱり好きなんですよねー? 僕も個人的に好きなカラーリングと言うかF1チームです! 今のカラーリング、グラファイトグレーでしたっけ? はちょっと? ですが・・・汗  今年はカラーリングが変わるらしいので期待します! ホンダエンジンも3年目ですし、ランキングも上昇してほしいところです! 

まずはボディの加工
DSC_2497.jpg
ボディの下処理を進めます。コックピット後ろの黒い部分のパーツは瞬間接着剤で取り付け、乾燥後に面を均します! ここを一体にするのは難しいんですかね~・・・別だと面倒なんですが・・・(^^;

DSC_2504.jpg
バックミラー取り付け部分等は、一旦パテで埋めます!

DSC_2500.jpg

DSC_2503.jpg
サイドのエアアウトレット部は別パーツになっているので、先に固定してスジボリを掘ります! そのスジボリ堀り用のガイドを先にプラバンで作っておきます。 ボディ裏側に一旦接着して、タガネでくり抜きいて完成! エアアウトレット部分は、瞬間接着剤で接着して乾燥後に面を均してスジボリ掘ります!

フロントウィング
DSC_2498.jpg
フィンとのクリアランスがゼロです・・・隙間ゼロ・・・(>_<)

DSC_2506.jpg
あっちこっち削ってクリアランスを確保しました(とりあえず左側) ここの調整、結構大変だな~・・・(-_-)





0

Ferrari F1-90

ブログの更新をさぼり続けてどれぐらいになるんでしょうか・・・??? 製作は随時進めているのですが、昨年自営で仕事を始めたのもあって、てんてこまいでして更新する余裕がなかなかありませんでした・・・年もあけましたし、新たな気分で久しぶりに更新させてもらいます(^^)/

で、いきなり完成しています・・・! Ferrari F1-90です! フジミの1/20キットのご依頼をいただきましたので飛び飛びですが記事書きます・・・(^^;
DSC_2255 (1)
バックミラーの取り付け部がやぼったいので修正しました。 バックミラーはピンを埋め込んで取り付けましょう!

DSC_2267.jpg
給油口は後付けだときれいにいかないと思うので、接着してスジボリで表現します! (白いプラバンはスジボリ用ガイドです)

下地サフ塗装
DSC_2269~2~2 (1)
下地にはピンクサフェーサーを吹きます。やはり赤ボディの下地はピンクですね! 深みが出ていい感じになります!

ボディカラー塗装
DSC_2270.jpg
ボディカラーはクレオスのハーマンレッドを吹きました! (チラチラと43ENZOが写ってますが・・・)

デカール貼り
DSC_2272.jpg
今回はカーナンバー2のマンセル仕様でのご依頼ですので、スタジオ27のデカールを使用しました。 このキット、なぜかプロスト用のデカールしか入ってないんですよね~・・・。 プロストで作れって事なんですかね~・・・(^^;

DSC_2273.jpg
一通り貼り終えました! さて乾燥させてクリヤー吹きますか~!

ウレタンクリヤー
DSC_2287.jpg
最近はロックのマルチトップクリヤーMRを使ってますが、結構使いやすくて気に入ってます! 研ぎやすいので仕上げの研きも結構楽で気に入ってます(^^♪

クリヤー乾燥中に!
DSC_2390.jpg
ウィングや足回り関連のパーツを塗装しましょう!

DSC_2391.jpg

DSC_2392.jpg
ブレーキディスクは特別なディテールUPパーツは使わずに仕上げます。 今回はあくまでキットのままでいきます!

リヤウィング
DSC_2393.jpg

DSC_2404.jpg

DSC_2414.jpg
リヤウィングは組み付けて、ボルトをエッチングで表現します! これぐらいはやりましょう(^^)

ボディパーツの研ぎ出し
DSC_2395.jpg

DSC_2475.jpg

DSC_2476.jpg

DSC_2474.jpg

DSC_2415.jpg
数日放置して、クリヤーが乾燥したので研きましょう! 最近のお気に入り研きツールは、KOVAXのTolecutとスジボリ堂のシステムコンパウンドですねー。 この組み合わせが僕には一番合ってます! 作業効率もいいですし、スジボリ堂のコンパウンドは1番の研磨力が凄くて、1番だけでも仕上がる程度まで艶がでます! 2番、3番まで使い込めばかなり綺麗な塗装面が出来上がるんですよね~!

ボディのピン
DSC_2399.jpg
ボディの小さなピンは切ったステンレス線の頭を整えて差し込みます。

足回りの組み付け
DSC_2409.jpg

DSC_2412.jpg
フロントリヤ共に、左右のアームが別パーツになっているのでバランスが難しいです! 43なら普通の事ですが・・・(^^;  ボディに仮組みしながらバランスと車高を調整します! う~ん・・・神経使うな・・・

フロントスクリーン
DSC_2427.jpg

DSC_2432.jpg
プラの最大の欠点とも言える部分、透明パーツのフロントスクリーンですが、いつものごとく厚ぼったくて嫌いなんですよね~・・・(-_-)  これなんとかならないのかな~? どうみてもかっこ悪い! と言っても、今回は素組みですので、このまま使いますが、ピンだけは差し込んでおきますか・・・!

カウルの固定
DSC_2434.jpg
フロアーとカウルを接着します。面が面一でそろうようにするのが至難の業状態で・・・3分型エポキシ接着剤で強制的に固定してしまいます! 3分指で押さえる回数が多くて指が痛い・・・でもなんとかいい感じに接着できました!

タイヤの取り付け
DSC_2436.jpg
前後のタイヤのバランスを見ながら固定します。フロントは若干ハの字に!

フロントウィング
DSC_2437.jpg

DSC_2445.jpg
ここもサスアームと同じく左右の調整が必要です。強度も欲しいのでピンを埋め込んでの接着にしてなんとかバランスとれたかな~! 翼端板にはリベットを打ち込みました!

ステアリング周り
DSC_2411.jpg

DSC_2441.jpg
ここはスイッチの追加を若干してます。雰囲気が出る程度ですが。

完成
DSC_2442.jpg

DSC_2449.jpg
バックミラー、リヤウィング、ボディのカウルファスナーを取り付けてタイヤワックス塗って完成です! プロポーションモデルでのご依頼ですので、ボディ内部は省略しています。 記事的にも一気に書いてしまったので、飛び飛びになってしまいました・・・いつもながら反省・・・(-_-;)  次はしっかり書きたいところです!

完成写真は、キャラリーにUPしましたのでご覧ください。

1

Williams FW14b 完成

またまたなかなか更新していませんでしたがFW14b完成しました! 納期に間に合わせたいばかりに更新する間も惜しんで製作に励んでいました~(^^;

DSC_1666_convert_20160603222542.jpg

DSC_1665_convert_20160603222559.jpg

DSC_1668_convert_20160603222528.jpg

1464962105126_convert_20160603225301.jpg
プロポーションモデルでの製作なので、カウルを固定しての面合わせとスジ彫りを念入りに念入りにやって、サフでの確認も念入りに! まぁいい感じですね!!

DSC_1698_convert_20160603220159.jpg
ミラーは取り付け部分を切り離してステーを細くしてます。

サフからのボディ塗装へ
DSC_1701_convert_20160603220241.jpg
まずはイエロー。クレオスのミディアムイエローをそのまま吹きました。色感はいい感じだと思います。

乾燥を待ってブルーを
DSC_1704_convert_20160603220305.jpg
このFW14のブルーって作られてる方によって色味や明るさがかなり違いますよね! 色々と参考にさせていただき、資料を見ながらタミヤのブルーに少し赤と白を混ぜて吹きました! いい感じだと自分で納得!

そして、デカール貼り
DSC_1705_convert_20160603220324.jpg
キャメルのロゴはタブデザインのデカールを使ってます。と言うか全部タブデザインのデカールです(^^;
う~ん・・・かっこよくなってきたな!

さて、ウレタンクリアーです
DSC_1740_convert_20160603220547.jpg
最後の仕上げでゴミが付かないように慎重に・・・! よし、いい感じに吹けました! これを終えると一安心です(^^♪

フロントウィングです
DSC_1730_convert_20160603220342.jpg

DSC_1734_convert_20160603220532.jpg
サフからホワイト吹いて、マスキング後ブラックを吹いてからCANONとGOODYEARデカール貼り、一旦ウレタンクリアー吹いて、乾燥後ブラック部分のみ半艶クリアーで仕上げました!

コックピットを製作
DSC_1743_convert_20160603220604.jpg

DSC_1744_convert_20160603220622.jpg
シートベルトは今回もMFHの物を使ってます! スイッチ類をそれらしく追加してます。

あとは一気に・・・(^^;
DSC_1769_convert_20160603220813.jpg
完成しちゃいました・・・時間が無くて写真も撮るのも忘れて集中してしまったので、こんなブログでお恥ずかしいですが・・・。
ボディ各部のリベットを追加したのと、アンテナは真鍮線とパイプで作り直しました。

今回はケース無しでのご依頼でしたので納品をどうしようか悩みましたが、お近くのお客様だったので手渡しで納品させていただきました! 有難うございました。

ブログいかんですね~・・・もう少し余裕を持って進めていかないとと反省です(ー_ー)

後ほどギャラリーの写真を掲載しますのでご覧ください。







このカテゴリーに該当する記事はありません。